1 2 3 4 5 6
きく 雨上がり/レミオロメン よむ NANA(2回目) あそぶ なし まなぶ なし


ヨメがこの前実家から持ってきたファミコン。懐かしい!ファミコンの時代は、2人用でやるゲームが多いから、楽しいね。

現在は、「忍者じゃじゃ丸くん」と「クインティ」があるので、それで遊んでます。「アイスクライマー」と「マリオブラザーズ」が欲しいな。ヨメは「結局南極大冒険」がやりたいみたい。

そして、改めて、ファミコンの本体とカセットを繋ぐ部分の構造を見て「そりゃドラクエ3のセーブ消えるわな・・・」と納得したよ。そして、オレがここまで目が悪くなったワケもわかったような気がする(笑)

2005/08/09 00:00:00
Mon.08.08.2005 

やばいのかもね。

すべての人に公開
きく 暁の車/FictionJunction YUUKA よむ なし あそぶ なし まなぶ なし

最近地震多いですよね。さっきも弱いですが、ありましたね。なんかYahoo!のトップページに地震があった場合、「地震情報」が出るようになってますね。何か最近多いので、ちょっと怖いっすね。こういう細かいので、地震のエネルギーを使って、大きなのが起きなければいいんだけどね。

2005/08/08 00:00:00
Sun.08.07.2005 

週末。

すべての人に公開
きく 暁の車/FictionJunction YUUKA よむ なし あそぶ なし まなぶ なし

週末は会社の人の結婚式パーティー。とっても花嫁さんはキレイでした。でも、ウェディングドレス姿でお酒を飲みまくり、煙草を吸う花嫁は、初めてみました(笑)でも、会社の上司の前でも、友達の前でも、旦那さんの前でも、まったく態度が変わらない彼女は、すごいと思い、ちょっと羨ましいですね。末永くお幸せにっ!

あと、髪を切りました。そう、もう結婚式は来週。なので、切りました。今回は結婚式というコトで、写真で残ってしまうので、ある程度きっちりした美容院に行こうと思い、ネットで人に相談したところ、近所によさげな美容院があるとのコトなので、そこへ行きました。

ちょっとかわいい雰囲気の落ち着いたお店だったので、女性ばかりの空間になってしまわないか心配だったのですが、美容師の方が全員男性で、ひとまずホッとしました。カットは、思った以上によさげ!ヨメにも評判が良く、嬉しい限り。比較的値段もリーズナブルなので、今後はそこを行きつけの美容院にしようかと思います。

あとは、スターウォーズのエピソード2を見ました。世間では、ヨーダの闘うシーンが印象的だったという感想が多かったエピソード2ですが、うちら夫婦間で、同時に「え!」と思わず叫んだのは、R2D2が飛んだシーン。・・・ってか、飛べるのかよっ!いやはや、驚きでした。エピソード3が楽しみです。たぶん来週見に行きます。

あと、ヨメが実家に帰ってファミコンを持ってきました(一番古いヤツ)ちょっとテレビと本体をつなぐコードがないので、まだ遊べないのですが、かなり懐かしく楽しみです。あぁ、マリオブラザーズやアイスクライマーなんかをふたりでやったら、かなり燃えそうです。ちょっと楽しみです。

追伸:ハマの大魔神が引退ですね。ベイスターズが優勝した年は、たくさんの感動を与えてくれたよ。今でも、自分自身の想い出も含め、あの瞬間は忘れられない。だからこそ、佐々木には、家族を大事にして欲しかったな。そこが残念でなりません。

2005/08/07 00:00:00
きく ハートビート/GOING UNDER GROUND よむ LOVERS/江國香織…他 あそぶ なし まなぶ なし


ちょっと最近イライラするコトが多いな。ストレスかな?ので、ちょっと一呼吸置くコトを心掛けなきゃな。

先日から「LOVERS」という本を読み始めました。9人作家が「恋人たちの現在」をテーマに描いた短編が収められた本。元々、オレは江國香織が好きだし、表紙がとてもキレイなので、購入しました。実は、長野で働いている頃から目を付けていた本。

でも、やっぱり好みの文章ってあるよね。作家ひとりひとり、文章の書き方の癖もあるし、ストーリー構成の違いがあって、受け入れられるのと、受け入れられないのがやっぱりある。

ひとつは、登場人物の名前。やっぱり通常ではあり得ない名前だと感情移入がしにくい。難しい漢字だと読んでいても「・・・なんて読むんだっけ?」と始めのページを開いてしまったり。これは、良くないのかもね。

あと、名前の表記も全ての人が「カタカナ」で書いている作家さんとかいるけど、読みやすくていいんだけど、何かオレの中ではカタカナは「外国のモノを表現する表記」という意識があるので、ちょっと馴染めないね。

もうひとつは、甘ったる過ぎるストーリーも受け入れられないかも。恋愛小説だから、そういうモノかも知れないけど、ベタベタした表現はあまり好きじゃない。読んでいるうちに飽きてきてしまう。やはり小説はストーリーの展開が感じないとマンネリ化してしまう。

あと、いきなり性の描写から入る小説もパス。まぁ、さらりと終わってくれればいいんだけど、最初からダラダラだとオレはダメかも。なので、昔に村上龍の「トパーズ」を読んだけど、2ページ読んでそれ以上読む気がなくなり、古本屋に売ってしまいました。それ以来、村上龍の本は手にとっていない。別にそういう描写が不要ってコトじゃなく、やはり上手い散りばめ方というか、そういうのが必要な気がする。

とまぁ、結構小説に関してはうるさかったりする。ので、読める作家というのが、偏るんだよね。そして、やはり恋愛小説なら江國香織の文章は絶妙。あらゆる恋愛のカタチを見せてくれるのもまた魅力です。

人生で本当の恋愛なんて、数えるほどしかできないはず。だから、人は歌にも、小説にも、マンガにも、ドラマにも「恋愛」を求めるのではないでしょうか?自分ができない体験をそういう媒体を通して、感情移入をして、恋愛を感じるのでしょうね。

ちなみに、そこには「理想」があるのではないのでしょう。どちらかというと「欲求」に近いのではないでしょうか?「そうしたいとは思うけど、できない。」大人は、常に理性と欲求と世間体の戦いなような気がしますね。

ともあれ、あと3人分の短編が読めるので楽しみです。今のところ川上弘美・安達千夏・島村洋子の話は好きです。女性でないと描けない女性の描写がとても良い。

2005/08/02 00:00:00
1 2 3 4 5 6
メニュー みたいモノを選ぶトコ





アイテム いいなって思ったモノ
コメント あるとテンション↑↑
 かい@管理人さん(14/12/30)
└ ガンダムUC episode 7 「虹の彼方に」
 あこさん(14/12/29)
└ ガンダムUC episode 7 「虹の彼方に」
 かい@管理人さん(14/01/04)
└ ようさんとピアラちゃん夫婦での最後の訪問。
 ようすけさん(14/01/03)
└ ようさんとピアラちゃん夫婦での最後の訪問。
 かい@管理人さん(14/01/01)
└ 4歳のプレゼント。
おきに 気にいられちゃった?
★ 1位 (8おきに)
└ たまプラーザにいってきました。
★ 2位 (5おきに)
└ 6度目の結婚記念日。
★ 3位 (4おきに)
└ 一緒にキッチンに立つ。
★ 4位 (4おきに)
└ 寝姿はヒップアップスタイル。
★ 5位 (4おきに)
└ イチニ!イチニ!で5年間。
リンク つながっていたいヒト