きく ハートビート/GOING UNDER GROUND よむ LOVERS/江國香織…他 あそぶ なし まなぶ なし

最近、会社の人から「写真」という言葉をよく聞くようになり、久々に自分自身、「写真」という言葉から自分の中に眠っていたモノを探ってみた。

実は、前の会社に居た時の冬から、オレは「写真」と呼べるモノを撮っていない。もちろん、毎日のようにデジカメで日常を写しているのだけど、それは「記録」や「記憶」という種類。絞りや構図なんかよりも、感情が最優先されているモノなのだ。

オレが写真を止めたきっかけは、仕事でこの会社の会社案内の写真を撮った時から。今でもサイトにはオレが撮った写真が使われていて、正直ビックリする。でも、オレはこの写真を「カメラマン」と嘘を付いて撮らされたのだ。

そう、前の会社でオレは単なるサイトの情報更新をするアルバイトだったのだが、写真が趣味だと会社内では通っていたので、「写真の仕事をやってみない?」と声を掛けられ、やるコトになったのだが、当日「フリーのカメラマンというコトで口裏を合わせて」と社長に言われ、撮ったのだ。

そこからオレは一眼レフを使わなくなった。元々「カメラマンになりたい」という意思はあったけど、「人を騙して、嘘を付いてまでなりたくない」と「自分の唯一の武器であった写真を嘘として使ってしまった」というコトが当時の自分にとっては、耐え難い感情となって残り、半年ぐらいカメラを持てなくなった。

その後は、一眼レフをデジカメに切り替え、現在のような写真を撮っている。でも、今の写真のスタイルは何気に気に入っているのです。昔みたいに三脚を抱えて、東京や横浜の街を彷徨って、被写体を探すのも好きなんだけど、やはりオレは写真には「好きなモノ」を残したい。技術として素晴らしい写真よりも、自分が記憶として思い出すきっかけ(パズルのワンピースのような・・・)としての写真の方が、何と言うか幸せを感じるのです。

その仕事をした当時は、非常にグチャグチャした感情で、その仕事を振ってきた当時の会社の社長や制作部の人を恨んだりもしましたが、今となってはひとつの節目となって、良かったような気がします。元々、オレが写真を始めた理由は、いつか持つであろう家族の姿をキレイな写真で残したいから。あの節目により、原点に戻れたのだから。

「好きと思うモノを残したい」それが、オレの写真のスタイルで、昔も今も変わりません。これから撮る写真も、そういう風に自分の気持ちに素直になって、シャッターを切れればと思います。やっぱ撮りたいモノを撮りたいじゃん。感情最優先なんて最高じゃん!それだけさ。

2005/07/31 00:00:00
コメントする?





メニュー みたいモノを選ぶトコ





アイテム いいなって思ったモノ
コメント あるとテンション↑↑
 かい@管理人さん(14/12/30)
└ ガンダムUC episode 7 「虹の彼方に」
 あこさん(14/12/29)
└ ガンダムUC episode 7 「虹の彼方に」
 かい@管理人さん(14/01/04)
└ ようさんとピアラちゃん夫婦での最後の訪問。
 ようすけさん(14/01/03)
└ ようさんとピアラちゃん夫婦での最後の訪問。
 かい@管理人さん(14/01/01)
└ 4歳のプレゼント。
おきに 気にいられちゃった?
★ 1位 (8おきに)
└ たまプラーザにいってきました。
★ 2位 (5おきに)
└ 6度目の結婚記念日。
★ 3位 (4おきに)
└ 一緒にキッチンに立つ。
★ 4位 (4おきに)
└ 寝姿はヒップアップスタイル。
★ 5位 (4おきに)
└ イチニ!イチニ!で5年間。
リンク つながっていたいヒト